あら不思議/犬の炎症性腸疾患/IBDの栄養療法2

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

犬の炎症性腸疾患 IBDの栄養療法1

 

 

IBDの治療に重要なポイントは、炎症を抑えるほかに

①未消化物を少なくする

②腸粘膜を強くする。消化能力を整える。

の二つに要約されます。

 

①は、主食を選ぶことが中心で

②は、サプリメントが必要です。

 

 

 

犬の炎症性腸疾患 IBDの栄養療法2

前回のブログに引き続き、炎症性腸疾患(IBD)。

この子は遠方からの来院。一時、アルブミンの数値が1.1で、胆泥症の併発もありました。免疫抑制剤や大量のステロイドを使っていても、あまりうまくいってませんでした。

犬の炎症性腸疾患 IBDの栄養療法3

さっそく治療開始。

犬の炎症性腸疾患 IBDの栄養療法4

 

胆泥症は脂溶性ビタミンで治療。

(脂溶性ビタミンに反応の良いタイプの胆泥症はスポット剤タイプのノミダニ除けを過去に使っていた場合に多くみられると感じています。)

例のごとく主食を手作りご飯に変更し、サプリを開始しました。

現在はほとんど薬を飲まずに、アルブミンの数値は2.9となっております。

 

使用している食事やサプリメント

・トッピングごはん(ドライフードは不明、初期の段階ではファインペッツ)

・IYONEおなか元気!(旧胃腸の栄養集めたサプリ)

 

 

※この子は当院からだいぶ遠方に住んでらっしゃるので、サプリメントだけ郵送で送って1年半経過がたっているところです。

 

 

犬の炎症性腸疾患/IBDの栄養療法1

 

犬の炎症性腸疾患/IBDの栄養療法2

 

犬の炎症性腸疾患/IBDの栄養療法3

 

犬の炎症性腸疾患/IBDの栄養療法4

 

犬の炎症性腸疾患/IBDの栄養療法5

 

犬の炎症性腸疾患/IBDの栄養療法6

 

犬の炎症性腸疾患/IBDの栄養療法7