2021年7月28日 あら不思議/犬の炎症性腸疾患/IBDの栄養療法1   この子は、3年前から、リンパ球・形質細胞性腸炎という炎症性腸疾患(IBD)の1パターンの病気と診断されました。 症状は...続きを読む
2021年4月23日 慢性の下痢や皮膚病には高濃度亜鉛を含有した「胃腸の栄養集めたサプリ」を使用しています。   この子は すぐにお腹がゆるくなって、皮膚病はずっと。 典型的な炎症体質です。 飼主様も食事を突き詰めていて...続きを読む
2021年4月5日 栄養素だけで皮膚病を治療する   フレンチブルドックで時々みられる「体幹に多発する膿皮症」 薬をのんでも、シャンプーしても、手作りご飯に変えても、あまり...続きを読む
2021年4月5日 ご飯を変えるだけで涙焼けが治る場合があります。   ふるせ動物病院の栄養療法で、まずやってもらううことは、血液検査と主食を正しいものにすることから。 今回は正しい主食につ...続きを読む
2021年3月3日 ペットの弱い体質はこれが原因?/アミノ酸キレートミネラル(鉄や亜鉛)を考察   サプリメントは日々進化しています。 より自然なカタチにすることで、胃腸に負担をかけることなく、しみわたるように吸収されることが一番の目...続きを読む

7月の診療日

7月の休診日 (2)
新型コロナウイルスの取り組み

駐車場完備

ふるせ動物病院駐車場

ふるせ動物病院には2台の駐車場を完備しております。お車で来院される方も、お気軽にお越しください。

難病に対する新たな提案を

代表挨拶 再生医療 栄養療法 福岡市 鳥飼 ふるせ動物病院

ふるせ動物病院では、あまり他院では扱わない、新しい医療である再生医療と栄養療法をご提案しています。

あなたのカワイイわんちゃんやねこちゃんが、癌(がん)や腎不全、自己免疫疾患など、難病でお困りの方は、是非一度「ふるせ動物病院」にご相談ください。

医院概要

病院名 ふるせ動物病院
所在地 〒814-0103
福岡県福岡市城南区鳥飼4丁目2-13
TEL 092-707-7510
院長 獣医師
古瀬 拓
大きな地図で見る