栄養療法/床ずれの治療

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

床ずれの栄養療法1

 

犬も超高齢となると、立てなくなったり、皮膚が弱くなったり、痩せてきたり、毛が抜けたり。

 

床ずれができたり、ひっくり返って、起き上がれなくて、吠えてたり。。

 

と、様々なお困りごどが増えてきます。

 

この子は、耳の毛が生えないのと、床ずれがひどくて来院されました。

 

床ずれの栄養療法2

 

耳の毛は血流不足か、栄養不足か、

ラバー状になっていて毛がない。

 

血流がないうえに

脂溶性ビタミンや亜鉛が不足してそう。。

 

床ずれの栄養療法3

 

後ろ足は引きずって床ずれになるから、長い間、包帯生活。

 

創傷治癒が遅い子は亜鉛。それと脂溶性ビタミンも。。

 

床ずれの栄養療法4

 

矢印は胆石と胆嚢壁の肥厚。脂溶性ビタミンが不足している子は脂質不足を起こしているか、胆嚢が悪いので胆嚢の確認。

あと、当院でおすすめしているサプリである「エネアラ」を飲んでもらって

 

床ずれの栄養療法5

床ずれの栄養療法6

 

 

 

床ずれの栄養療法3

 

床ずれの栄養療法8

 

 

耳の毛も生えてきて、床ずれはほとんどよくなりました。

 

おまけに、起き上がれなくて吠えていることもなくなり、立ち上がることもできるようになっているとのこと。

 

あとは、痩せているので体重を3割くらい増やせば、安定していく算段です。

 

床ずれの栄養療法9

 

 

使用したサプリメント

・シン胃腸の栄養集めたサプリ(脂溶性ビタミン入り)

・エネアラ

 

薬なし